土地を貸している相手から「借地権を買い取ってほしい」と相談され、前向きに応じようと考えていたものの、借地権者の提示額が、思った以上に高く、これでは買戻しが出来ない。しかし、第三者に借地権を売却されて、また少ない地代だけで利用の出来ない状態を継続したくない。交渉しているうちに、借地権者との関係がギクシャクしてきてトラブルになりそう。

まずは借地権の相場を見直すところからはじめましょう

借地権者との交渉を続ける前に、その借地権の価格が、一般的な観点から妥当なものなのかを把握しましょう。ひょっとしたら借地権者と地主のどちらかが、一方的な思い込みから一般的な借地権の相場からかけ離れた目線を持っているのかも知れません。

借地権の買戻しをする場合の妥当な金額を算出するのに、以下の金額を想定してみましょう。

・その借地権を第三者に売却した場合に売れる金額

・譲渡承諾料や条件変更料などの各種承諾料

借地権の買い戻し金額は、実際に借地権を第三者に売却した場合の価格から、借地権者が負担する各種承諾料の額を差し引いた金額で買い取れれば妥当なところで、これを基準にすると良いでしょう。

交渉には中立的な立場で双方のメリットを考える借地権の専門家に任せましょう

基本的に借地権は地主と借地権者との信頼関係によって成り立っているものなので、双方の立場を考えて交渉を進める必要があります。借地権の譲渡を委任されている不動産会社にあまり実績がなければ、そういった事情を一切考慮せず納得のいかない金額を押し通されてしまうかもしれません。もし提示された金額や交渉の進め方に疑問があるようなら、信頼できるプロに相談することをおすすめします。

株式会社新青土地コーポレーションは、これまで地主と借地権者のどちらからのご相談も多数承ってきました。着実に培ってきたノウハウによって、常に中立的な立場で双方にメリットがある解決策をご提案いたします。諦めてしまわずに、お気軽にご相談ください。

▽借地権、底地・不動産のことなら、

「借地権の窓口」は、株式会社新青土地コーポレーションが運営しています。東京都杉並区高円寺を拠点に、不動産コンサルタント会社、公認会計士・税理士事務所、司法書士事務所がひとつのオフィスに集結し、お客様の問題解決に全力を尽くしています。